ハイジニーナ脱毛TOP >> よくある質問 >> ハイジニーナ脱毛の痛みは?

ハイジニーナ脱毛の痛みは?

Q. ハイジニーナ脱毛の痛みは?
A. パチンと痛む

光脱毛の技術は非常に発展してきました。基本的に各脱毛サロンは、脇脱毛などのトリートメントで、ほぼ無痛を実現しています。色素の濃い部分を誤ってフラッシュしてしまったときなどは痛みが出ますが、その他ではかなりのレベルで、ほぼ無痛が実現されています。ほぼ無痛は、ハイジニーナでも同じなのでしょうか?

残念ながら、ハイジニーナの脱毛は多少、痛みがある
残念な話ですが、現在の光脱毛をもってもハイジニーナの脱毛は少し痛みを伴う場合があります。デリケートな部分なので、肌の安全のために出力を落とし、その結果としてほぼ無痛が実現されるケースもありますが、VIOに生えている無駄毛を本気で処理しようと思えば、それなりに出力の強いフラッシュをしなければいけません。人によっては現在の光脱毛でも、多少痛みが出てしまう場合があるのです。

VIOの毛はとにかく強い
手で触る、あるいは目視すればすぐに分かりますが、VIOの無駄毛は根強いです。髪の毛などと違って、太くねじれて存在感もあります。毛が根強いからこそ、その毛を脱毛しようとすると痛みは出てきます。脱毛効果にも実感が出てくるまでかなりの時間が掛かります。特に女性の場合、Iラインの処理に時間が掛かります。毛が強いからです。毛が強い理由は、女性特有の器官でもある子宮がその奥にあるからです。子宮の入り口を守るために体毛が生えているので、その毛を処理しようとすると相当なエネルギーが必要になります。

恐らく、ハイジニーナの脱毛を始めても、最も効果を感じにくい部位がIラインになると思います。最初の4回か5回は、目に付く効果が出ない人がほとんどです。通常の脱毛サロンで言えば、ハイジニーナコースを2セット受ける、つまり8回以上のフラッシュでようやく結果が出てくるレベルです。

脱毛の手順は、かみそり→ジェル→フラッシュ
ただし、ハイジニーナ脱毛と言っても、あるいはIラインの脱毛と言っても、脱毛のプロセスは一緒です。基本的には自分でトリートメントの2日前くらいにかみそりを当てて毛を処理し、当日を迎えます。サロンでは特別なショーツに着替え、VIOの脱毛部分にジェルを塗ってもらいます。部位によって脚を開いたり、四つんばいになったりしながら、脱毛器のヘッドを脱毛部位に当ててもらい、脱毛してもらうのです。多少の痛みもありますし回数も掛かりますが、それでも根気良くフラッシュを繰り返せば結果は出てくるので、頑張ってください。


Copyright (C) 2013-2014 ハイジニーナ脱毛エステ口コミランキング All Rights Reserved.